ASTRORICO(アストロリコ)とは?



アストロリコ四重奏 「ASTRORICO」の名の由来は「素晴らしい天体」という意味のスペイン語の造語で、リーダーの門奈紀生(もんな としお)が敬愛する3人のバンドネオン奏者、アストル・ピアソラ、 アニバル・トロイロ、リコにちなんで名付けられている。

プロフィール



門奈紀生

タンゴをこよなく愛し世界的なレベルでの演奏活動を行っているアストロリコは、日本におけるバンドネオン演奏家の第一人者、門奈紀生が関西の才能豊かなソリスト達と1991年末に京都で結成した、稀少で本格的なタンゴ楽団である。

アストロリコは古典的なタンゴの演奏は勿論、常に意欲的で独創的な活動を繰り広げ「タンゴ新世紀の旗手」と称される。 また、バンドネオンのルーツである教会音楽の演奏を行ったり、一方では、当時、まだ10年早いともいわれた、現代音楽の巨匠、アストル・ピアソラに捧げる、彼の作品ばかりによる追悼コンサートを、世界に先駆け没後一年にオーケストラとオペラ歌手を迎えて上演し各界の注目を集めるなど、日本のタンゴ界をリードし続けている。

1993年スペイン、1994年アルゼンチンの海外公演においてアストロリコの情感豊かな演奏は、本場のマエストロ達から「斬新でしかも伝統の味も失わず、我々と同じ心で演奏している」と絶賛を博し、その結果初の日本代表として1995年のグラナダ国際タンゴフェスティバルに招聘出演を果たし、満場の拍手喝采を浴びている。
さらに1996年11月には国際交流基金助成事業として、第3回世界タンゴサミット(ウルグアイ)出演を兼ねた1ヶ月にわたる南米公演(アルゼンチン、パラグアイ、チリ)を行「タンゴの何たるかを我々に示してくれた偉大なるアーティスト」と満場の観客を総立ちにさせた。

オルケスタ・アストロリコ
ブエノスアイレス公演

また、同時にブエノスアイレスで3枚目のCDのための七重奏のレコーディングを行い、 1997年3月に『日本からブエノスアイレスへ…』と題してリリース。 現地でも「ブエノスアイレスの香り高い作品」と評判となる。 1998年2月には、元宝塚花組トップスターの大浦みずきと共に、再びブエノスアイレスでレコーディングを行い、 6月に『Che Tango』と題し、リリースする。 また、このアルゼンチン訪問では、日本・アルゼンチン修好100周年記念事業のトップをきって親善コンサートをサンイシドロ市主催(日本大使館後援)で開催。



大浦みずき
 大浦みずき

さらに大浦みずきのショー「Che Tango」にも共演し、東京・大阪・名古屋で公演、好評を博した。 日本タンゴ界のみならず、ミュージカルショーの世界でも、レベルが高く近年にない充実した舞台として高い評価を受ける (1999年7月再演、ライブ録音が99年10月『3001年へのプレリュード』としてCD化。 日本クラウンより発売された。)。同年8月、ピアソラを中心としたプログラムで東京公演を開催。 ゲストに東京スカパラダイスオーケストラを迎え、筑紫哲也、大浦みずきが友情出演し、完成度の高いコンサートを展開。 「新世紀の旗手」らしく時代を先取りしたコンサートは各方面に評判となり、大きな刺激を与えた。 タンゴの持つ豊かな音楽性と特有の溢れる情感を、世代を越えてより多くの人々に伝えたいと、アストロリコは多彩な編成で劇場におけるコンサート、 各種のライブ、大学等での演奏会、ディナーショー等を全国に展開し、タンゴ以外のアーティスト達とのセッションも積極的に行っている。


→ページTOPへ



共演アーティスト(五十音順・敬称略)



指   揮           

故 脇 精一


演奏団体           
アンサンブル・シュテルン
京都フィルハーモニー室内合奏団
タンゴ・ガルーファ
東京スカパラダイスオーケストラ


歌              

阿保郁夫
アンヘル・リコ
岡村光玉
岡山加世子
故 尾崎紀世彦
故 春日智恵子
片山賢吉郎
カルロス・バレンティノ
杏子
グラシエラ・スサーナ
栗塚 旭
香坂 優
コンタ
翔ユリ子
菅原洋一
高橋京子
高山リサ
橘 茂
中西陽子
前田はるみ
宮沢和史
文 珠蘭
山崎美枝子
柚木秀子
故 ロベルト・ルフィーノ
故 ワルテル・グティエレス


コメンテーター・司会     

阿川佐和子
武部 宏
故 筑紫哲也
ネリーダ・ルーチェット
ラファエル・フローレス
器  楽            

故 アニバル・アリアス(ギター)
アレハンドロ・サラテ(バンドネオン)
岩淵龍太郎(バイオリン)
上田裕司(ピアノ)
故 オスバルド・モンテス(バンドネオン)
通崎睦美(マリンバ)
藤田 隆(フルート)
古橋 幸(バイオリン)
増井一友(ギター)
ロビン・ロイド(民族楽器)


歌・ダンス・演劇        

阿部 裕(俳優)
安寿ミラ(ミュージカル女優)
今井清隆(ミュージカル俳優)
故 大浦みずき(ミュージカル女優)
香坂千晶(ミュージカル女優)
香寿たつき(ミュージカル女優)
樹里咲穂(ミュージカル女優)
ダイヤモンド・ドッグス
吉野圭吾(ミュージカル俳優)


ダンス             

オスバルド&ビジ
伊賀康成
上七軒(日舞)
シンゴ&アスカ
杉本 彩
バレエ・スタジオ「ミューズ(宗田バレエ)」
ノエリア&ナウエル
ホセ・マリア&ラウラ
マリア&ロドルフォ
亮&葉月
レオネル&ナタリア


アストロリコ友の会「LUNA LLENA(ルナ ジェナ)」


lunallena_logo


アストロリコ友の会「LUNA LLENA(ルナ ジェナ)」(スペイン語で満月の意)
ファンとアストロリコを結ぶ情報誌「MEDIA LUNA(メディア・ルナ)」の発行などを行っております。
詳細の関する問い合わせは、ソルーナ音楽事務所まで。



ソルーナ音楽事務所内 ルナ ジェナ
Tel.075-724-8708  Fax.075-606-7898
e-mail:info@astrorico.com

→ページTOPへ